当時は神戸で出会いがあり女性と話した

ここで少し “理論”を適用しましょう。

神戸で出会い第二次世界大戦の前に、売春は日本を含む世界の多くの国で合法であった。コンフォート女性は、当時コンフォートステーションを運営する民間企業に雇用されていた。米軍の報告書によると、「慰安婦は顧客を拒否し、高い給与が支払われている」という。たとえそれが戦争cではなかったとしても

___
なぜ日本軍は女性を慰めなければならないのか?慰安婦については、「私は毎日20〜30人の神戸で出会い兵に反対した」と述べたが、慰安婦が20万人であると仮定すると、毎日4百万から6百万の性的サービスが行われるでしょう。現代の歴史家の秦彦彦によると、1943年の日本軍の海外軍は約100万人であった。日本軍は1日4~6回計算され、慰安所に向かう。戦争とはまったく違って、あなたは人生を正しく生きることができません。日本は「感情理論」で慰安婦の問題を主張していますが、大会社でも理解できる「小さな理論」に入ると、学生の。問題は、日本政府と国民が疑いなく世界中を聴いていることです。嘘が分かった時の反応は想像を絶するほどです。親愛なる友人とともに、神様が日本と米国で祝福されますように。そして、もう一度会いましょう!■Tony Marano評論家。

 

 

1949年生まれ。テキサスに住むイタリア系アメリカ人。オフィスワーカー退職時から退職後、毎日ビデオサイト「YouTube」などで批判を浴びています。世界中のすべてそれはまた「悪と戦う」宣伝・バスターです。彼は深刻な日焼け止めで、ジャパンティングでも圧倒的なファンを持っています。著者と共著 “テキサスの父親”怒って! 「日本をつなぐ人」神戸で出会い、「一緒にあおれんだ」など。出典:zakzak 2015.06.19h・日本で生まれていない慰安婦を父親、馬場さんにも贈った。 (__ ___){Nidaも3歳になることができます}鄭の常識は世界の極端なシーズンです。人間と常識を交えて話しています…あなたは疲れていますか?・すべての日本人兵士がコンフォートステーション1日4〜6回毎日6回のオナニーをしていますので、不可能ではありません。>>毎日できるのは大したことです。>>あ、元気ではありません。何もできません>>私は戦争の時間がない>>毎日?>>そしてまた日本人と対戦する>>自慰行為をしていない体力が必要ない・遺伝的に神戸で出会いな民族集団・日本人は戦争終結時に日本人を虐待する。> 2年間慰安婦として働いていたら、私のお父さんはあまりにも正しいです・私は計算できません、日本人。そうですか?日本では計算できない考えがあると思いました[1/3] 4前へ|次へ6記事に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です