生活に関係のある神戸の出会い

古くて現代の日だったと感じました。

神戸の出会い
私も私たちの生活と関係があるので、後で紹介します。

今日の弱い日に
うわー…私はそれがきついと感じた
私は自分自身に自分自身を寄付したい

神戸の出会い嫌なこと…
私が年を取るたびに、私は写真を撮っていない…それはひどい…

むしろ、私はそれが落ち着いて良いと思った…

誰が自分を取るつもりだ…そしてそれも
今日私は、2人の心の中で感じた言葉を紹介したいと思います。

“愛情のある存在”

それはチャームであり、アヤマは人間を愛していると疑う。

愛情のない人だけが間違いを見ることができます。

(ゲーテ・経験と人生)

あなたの愛する人に間違いや違和感があっても、

 

 

愛情をもってパートナーを目の当たりにしている人にとって、

私はそれが欠点だとは思わない。

神戸の出会いミスをした人、

人間が現れている

それは存在かもしれない

間違いが多いと言われています

ゲーテは言います。

神戸の出会い蕪府と

私は自分自身にもかかわらず笑った言葉でした。

あなたは安心していませんか?

私も考えているので、私はこの意見に同意します。

“ギリシャの古い格言”

どの職業においても、

有能な人間になるためには、次の3つが不可欠です。

自然、勤勉、実践です。

勤勉は人間を進歩させる

、個性を引き出し、

他人の行動を刺激する。

そして、人生以外の何物よりも、神戸の出会い

「貧困は

成功の不可欠な条件 “です。

そしてそこに。

私はこの言葉で非常に納得しています。

私の経験からそうだった。

戦後の燃焼場から
誰もが助けられ、住んでいたとき

私は生まれて、自分の肌で感じました。

貧困を克服する。

あなたは外国人に負けますか?

私たちは弱さを失いますか?

私は空腹の精神と一緒に住んでいました。

私は皆のスパイシーさを理解しています。

お互いを助けるために

私はそれを着た。

困難な状況から

人生が始まると

労働意欲だけでなく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です