神戸の高級ホテルでの出会いでした

神戸のグループ会社が高級ホテルのレストランを借りた。

私は仕事に遅れました

神戸はユーロでした。

テーブルは開いていないので、どこかに

私はグループの座席に着く必要があります。

神戸 出会い

私は偉大な人に話された、

私がそれを好きでなければ、違う方向に
歩いた。

料理人は料理をしていた。

“神戸が好き”

ご注文ください。

それは、

ステーキと悲しみ

私は言った。

私は出てきた、

厚手のスープ

ステーキが沈んでいた。

とんでもない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です