正直言って、恐ろしい神戸の出会い

____

私は急いで車を降りたが、それは非常に狂っていた、それは触ることが困難だった。 。

神戸の出会い当面は恐ろしいかもしれませんが
私は足を引っ張って肩を踏んだので、私はそれを無料で投げた。
それとも、正直言って、私ができることすべてでした。 。
私はそれがまだ走っているよりも良かったと思った
それは行動です。 。

私は仕事の終わりに再び同じ道を歩いた
猫の姿はありませんでした。 。

市役所はすぐに動きます
そうは思わない。
その場所が時々私有財産でそれを取るようになったかどうか、
私はまだ生きていて、自分で動いていました,,,
私はどちらかと思う
その猫の襟がついていた。 。

 

それは逃げたかもしれませんが、
それは過去とは異なる。
私は動物を屋内に閉じ込めておく人が好きです。
彼らは厳密に逃げ出して、車が走っている場所に出ないように屋外にいる人々。
私はあなたが真剣に措置を取ることを望みます。

走った人でも後味が悪く、
私はまた、大きな事故を避けることを避けたい、
走り回っている動物や自分の所有者
心臓の傷も素晴らしいです。

迷子猫や野良犬の数を増やさない
私はそれを保つことができないので、私は残念です
食べ物だけを与えないでください。
あなたが避妊去勢をするつもりなら。

日本は動物にはあまりにも律法的です。
動物は人間と同じ生き物です。

私はペット動物という言葉はとにかく嫌いです。
私は繁殖者も嫌いです。

子猫は募集募集掲示板などの倉庫で生まれたことがわかります
そのうち、退職した犬など
私は時々Nanikoの退職の言葉を見る。
私は許してはいけない。
私は出産することができない場合、私は行かせたくない
私はかなり長い間一緒に暮らしてきましたね。
私はそれを考えることができません。
私はそれが同じ人だと思っていません。

動物の売買を禁止する法律が欲しい。
できるだけ速やかに。

彼女は女性です。好きな人は、米を食べていないのに、お米については悪いと感じていました。
あなたが知らない男なら、私はそんなことを言うことができます。あなたはルールの意味を理解していますか?
まあ、ブラウズの数を増やしてもいいですが、相手を間違って批判していましたが、自分自身が最も関心を持っていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です