尼崎で出会いがあり最初に参加した

プリエンプティブや報復的な武器を持っていない平和的なぼやけた憲法の国として、対戦相手は戦略や戦術的な武器を起動するときに最初のストロークを受け入れなければならないという重大な問題があります。尼崎で出会い
それは何ですか、Jは国が悪い気持ちを持っていますapan、その国は先制攻撃的な戦略的な武器と戦術的な武器を持っていて、その時に、最初の一発を引き継いだそれをそれを呼び出すためにこの国の憲法です。
前回の戦闘で、私は日本、ドイツ、イタリアと世界を相手に旗を向けました、そのような不合理な憲法はありません。尼崎で出会い
ドイツをはじめとする諸国では、日本よりもはるかに凶悪な政権によって戦争を起こしたため、近隣尼崎で出会い諸国は自国の軍事同盟体制に参加するために憲法を放棄することにしました。
地理的に4つの側面が海に囲まれているため、日本はこの友好的な軍事同盟システムを持つことができませんでした。
このような地政学的問題もあり、この邪悪な憲法を改めた人は誰もいないので、今やこの国の憲法はにじんでいます。

 

話を戻して、問題はそのような問題でいっぱいであるので、この国の大人は、あなたが危険な武器を撃つならば、あなたは私たちの国に到達する前に撃墜することができると考えました。
そして考えられたのは尼崎で出会い駆逐艦の導入です、Aegis船は船上にたくさんの高性能レーダーを乗せて船の上でミサイルショットを撃つシステムです。
日本からもアメリカからこの船の多くが紹介されていますが、このイージス船を世界で2番目に持っているのは日本です。
しかし、このイージスシステムにも問題があり、船舶のために処理能力や処理限界に限界があるという問題がありました。
それから私達は陸上でイージスシステムを作るべきです。
それがAegis-a Shoreなので、尼崎で出会い県でこのAegis-Shoreの研究システムを作るという発表がありました。
このニュースは非常に残念だった、なぜこのアイギス – ショアシステムがこの国を守るのではなく、アメリカを作り、日本のお金でそれを作るのであると尼崎で出会い県でそれを作ったと言われるのは分かったからだ。尼崎で出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です