理解する感覚があった神戸の出会い

時には病院は非常に怖いです。全身麻酔も局所麻酔も、さまざまな場面で何度も起こりました。局所麻酔はあちこちの麻酔に過ぎませんが、私はカッティングナイフの圧力と流れる血の感覚(何かが流れている)を理解しています。神戸の出会い

春の指の注射も「先生によって行われた注射」で指の付け根で痛かったです、そしてそれは突き刺すのに長い時間がかかりました、腰椎麻酔はそれが涙を取り除いたのでとても恥ずかしかったです。

しかし、私は病院を出ることができません、神戸の出会い
私を支えてくれてありがとう。
私が仕事をしていても、私の人生に懸命に取り組んでくれてありがとう。

 

 

今回の発熱は通常の肺が原因でした。
そして私がしばらくの間外出していて可能な限り横になっていたのはしばらくの間でした。神戸の出会い
私は両親よりも先生の医者の音声だけを信じているので、私は病院がとても好きです。

私はまだ少し熱があります、
このように横になっても大丈夫です(^ ^)
だから、あなたは健康診断に適切に自信を持っていません。病院は市販薬よりも安くて正確であるため、病気になったら病院に行きます。

それはあなたを気にかけている人々にとっての義務です。
朝の会議の後の神戸の出会いでのトラブル。
機械が動かないようです。
気付かずに動かそうとしていた少女が空運転状態になりました。
怒っているグループリーダー。

娘の幼い子供。神戸の出会い

約2時間後、私は仕事をやめてみんなの前で説教されました。

残業になると、
機械が故障した場合は、そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です