再会して参加をした神戸の出会い

Laurel。
久しぶりの再会と〜(^ ^)
会社の飲み会はまれなイベントですが、楽しい時間でした。

最初の会議はKen Kenでした。

神戸の出会い私の上司は、入会したメンバーが後で来るまで、ちょっとした連絡の前に最初に飲みました。

私も参加しましたが、ケンちゃんがランチ以外は初めて使ったのは不思議でした。

神戸の出会い昼食はとても忙しかったが夜は一人で。

静かな日中とは異なり、周囲のネオン照明が夜の外観を変える激しい戦場。
私が以前に言ったように、それはビジネスにとって非常に難しい状況になるでしょう。

ケンですか?いつもですか?アイコンタクトをしている間、彼女は私に笑顔で飲み物を持ってきます。

しかし、店に入ってから約20分後、私は同僚と面談し、泣いているケンは泣いています。

神戸の出会い失くしてすみません。

数が増えるにつれて、私はより大きな店に行き、飲みます。

私は多くの人々との飲み会の基本が好きではありません。
少なくとも4人がいいです。神戸の出会い

それが女性と人になることが可能であればそれは良いです…

最後の列車は早いので、私は一つずつ家に帰ります。

わずかに変動する足。

グループから一つになるという反応。

神戸の出会い月は明るすぎ、夜でも雲のように見えます。

その時、私は自分の声を聞きたいです。

数年前に偶然に撮影された原文を読む
今回はアニメ映画だったので、見に行きました
(神戸モザイク映画館の場所が変わりました。)

熱狂的な少年は突然ペンギンの謎を調べて通りに現れました
原稿を読みながら想像した画像
美しいアニメで再現されるのは良いです

原作作家森見富彦の小説の舞台は京都が多い
この映画はどこにありますか?奈良の生駒周辺のようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です