神戸では私は出会いを反省することがある

神戸をしても

私はそれから出ています。

神戸受け入れなければなりません。

反省することがあると思います。

「私の人生は挫折の歴史です。

神戸 出会い

私は謙虚な失敗を集めた本が欲しいのです。 「

(発明者w)

「手が器用ではなかったことは嬉しかった。

私の重要な発見はすべて失敗に触発されています。 「

(化学者ハンフリー・ディビー)

こんなことを考えながら

私は二つの作品を書いた。

「神戸」

痛みを伴う冬の後

幸せな春が来ます。

「感性清風」

背中を降ろす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です