猫にコメントした神戸の出会い

私の日記に書いた猫…
どういうわけか助けたいのですが…神戸の出会い

しかしながら…
私の知識や行動には限界があるので、多くの人にその事実を知ってもらいたかったのです。

だから私はTwitter、Ameba、mixiに書いた。神戸の出会い

「殺された犬や猫の運命を変えたい」とコミュニティに書いた結果、…

神戸の出会い「こんにちは、m(__)m

あなたの知恵と考えを教えてください。

つくばに住んでいたり、住んでいるのであれば、猫はたくさんいますが…
状況は子猫が生まれ変わるということです。私が飼っていた猫はすべて、予防できず、生まれ育ち、過去に飼うことができなかったために放棄されました。

所有者が逆になっている
オーナーからの以下のコメント

 

「我々は動物を保護するので、30万の避妊費用を30万とし、300を移転することができます。できない場合は、何も言わないでください。偽善者」
「猫の死体は嫌がらせを受けていて攻撃的だったので、ウジは全身に痛みを感じ、筑波大学の施設でウジを燃やして殺害した」と彼は語った。神戸の出会い
「あなたがあなたのノミを見たいのなら、あなたは安心するでしょう。神戸の出会い
「その後、引っ張られた猫はどういうわけか戻ってきたが、肛門は肛門に積み上げられ、獣医師は手放して安楽死させた」
「その後、私は12.3匹の猫をダンボール箱に入れ、私の父は投棄のために投棄するために行きました。なぜそれが投棄のために投棄されたのかわかりません。」神戸の出会い
「また、それは病気の子猫です。それは感染症やエイズですが、その数はわかりませんが、自分で亡くなりました。
「私の父はまだ部屋に飛び込むたびに悲鳴を上げています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です