神戸の出会いの快適さは最高でした

神戸の出会いしませんでした。つまり、実行しないのは長い時間であり、心肺機能が低下しているということです。

上下に10 km走った後、T神戸の出会いは汗をかきます。ランパンも汗で湿っていました。風が公園の日陰で汗をかいたシャツに当たるときの快適さは最高でした。
「cが聞こえる」

神戸 出会い

昨日、木曜日から降り続いていた大雨と風が一度止まりましたが、洗濯物を乾かし終えると再び元に戻りました。

しかし、神戸の出会いは、空に北と南を走る薄い雲があり、晴れていました。長い雨と風のために移動が制限されている人にとって、彼らはとても幸せです。

暑くなるので、また部屋に持っていたスダレを入れます。

それは興味深いことでした、そして、大雨が止まって、それが晴れたとき、cの声はどこでも聞かれ始めました。バッタの声を聞いたことがあります。セミの声は今年初めてです。 「夏!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です