少し洗濯物が必要になる神戸の出会い

窓少しずつ開けると、部屋から吹くほのかなそよ風が心地よい。

すでに防寒着を着ていたので、今は半袖の服を出して、カーテンを薄い夏服に替えたいです。

 

神戸で異性と出会いやすいサービスやスポットを体験してきた

神戸の出会いさて、その前に、普段着ている服やタオルを洗わなければなりません。明日は天気が崩れるとのことなので、日曜日は予定より早く洗濯物を移動します。バルコニーでは、洗濯物が暖かい日差しの中で揺れ、微風に舞っています。
春が来た “神戸の出会い

数キロ歩いて、満開の新緑と田んぼの写真を撮りました。
一ヶ月が経ちました。 「」
母が亡くなってからちょうど一ヶ月。今月は長かったと思います。母の部屋が片付けられていて、その間に「生きる」ことを少し考えたせいかもしれません。

今日は遅い朝食の後、母の部屋を見て、朝食用の食器や調理器具を洗わず、少しずつ動かして組み立てました。私が落ち着いて部屋をもう一度見たとき、それはかなり整理されていました。

その後、姉弟が来て、使えると思われるものを持ち帰り、特大のゴミ箱に3段のクローゼット収納など、大きくて不要なものを出せば、ほぼ完成です。

神戸の出会い片付けをしていると、母のメモを見つけました。 「私は延命治療を必要としません。私は葬式を必要としません。私は棺が無実で火葬されることを望みます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です