神戸では女性の出会いの割合が高かった

神戸との関係、職場のロマンスなど。
良いね! (☆∀☆)
↑学生の頃、ひびきのミツコネタのように片思いで爆発した。
かつて女性の割合が高かった人

出産時にラブストーリーやエピソードにワクワクする人
周りにはたくさんいる気がします。
惹かれていると思います。

敏感すぎるから
神戸や嫉妬を聞くのは難しいです。
ラブストーリーの不満は恍惚だと思います
人生の不満は私が一人でいた後に気分を落ち着かせます。
聞き取りやすいかと聞いた
「眠りについたら忘れる」スキルを発動する。

私は私を苦しめないお祝いの性格を持っているので
さて、私はシュラバを渡りました
何が人々の痛みを痛めるのですか?
血を見ると倒れそうです
子供が苦しんでいるのを見たとき
その存在が無条件に消されても、狂気が渦巻くほど穏やかで残酷です。
↑私は妄想に夢中です。

話は大いに進んだ
神戸は主婦の思いで安らかに笑っています
私が現実に戻される瞬間はたくさんあります。
「それで、チーフには彼氏がいますか?」
…ああ。

年をとったほうがいいのではないですか?私が言われた
70歳くらい?いきなり介護ができなくなった!私は、戻った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です