尼崎のママ活で最終的に意味を問われる

最近ではありませんが、「左遊び」という言葉が一般的に使用されています。ご存知かもしれませんが、もともとはSM用語です。単語として認識されますが、

https://www.nikukai.jp/hyogo-mamakatsu/#heading5

 

それがどのようなものか知っていますか?どういうわけか、それが今日使われている方法から、それはそれを放っておくか、それを無視するようなものだと思いますか?

私はSなので、S男性×M女性と2組のカップルの関係を説明します。個人的には、このタイプのプレイはあまり好きではありません。

尼崎のママ活上記のような遊びなら。マスターがスレーブを離れたり無視したりするのは楽しいですか?もちろん、そのようなカップルはゼロにはなりません。そこと同じくらい多くの形の愛があります星です。

しかし、普通に考えれば、そんな行為は好きではありません。楽しくも快適でもありません。尼崎のママ活

基本的なSMプレイはマスターの主観で構成されているようです。言葉遣いはステージによって変わりますが、最終的には主人が奴隷を責めるか、主人が奴隷に仕えるかの選択です。ただし、両者の関係は特別な関係です。外から言えることではありません。その結果、奴隷は喜びと喜びを得ます。覚えてほしい。尼崎のママ活

だから、遊びを残します。本来の意味では、これは主人が直接彼を責めず、それを見守っていることを意味するのでしょうか?それを言うのはおかしいですか?時計?いつもじゃないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です