神戸ではそれを出会いで認めたくない

出口
私はそれを認めたくない!

若者のミスという神戸!

偉大な人だけがそのような癌の話の話をすることができます(┰_┰)
神戸は言葉に勝ってほしい
ある日、私の父に

“パラグアイは何ですか?”
そして、

神戸 出会い

「さて、おにぎり③それは?

私は答えました。

誰もあなたの胃について聞いたことがありません! !
私が1つとして得ることができないこの人生。

神戸はもっ​​と楽しいものがあったらいいのに、それを使うためにお金を使うことができます…. ….

私に誰かを与える人々……私は言う必要がない

しかし、私は平和と暖かさが欲しい。
スー・セイイ
( ‘・Ω・ `)

しかし、私は行かなければならない
私は首になるので
いくつか(x_x;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です