神戸の出会いを求めるのを待っていました

神戸の出会いは孤独で涙が溢れているので

私の胃が極端な状態になった、私は食べ物が欲しかった。

神戸の出会いは母がそのまま家に帰るのを待っていました。

私は食べ物を求める台所に行きました。

神戸 出会い

まず、私は何か異常を感じることなく食事を準備していました。

しかし途中で、やや不快感を感じ、底を見ました。

それで神戸の出会いの姿が… !!

茶色と茶色。

長く伸びた触覚….

間違いはありません….

敵Gは今私の目の前にいる….

しかし、今私は戦う方法がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です